ベトナム生活





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

タイ、鉄道の旅。 :: 2015/10/06(Tue)


ナムトク線(旧 泰緬鉄道)に乗り、一日2.5往復しかない列車で
片道約4時間・・・日帰り鉄道の旅。
(私たちが乗った始発の駅、トンブリまで戻ってくるのは2往復のみ)



Bangkok noi 鉄道駅 (トンブリ駅) までアソークのホテルからタクシーで150バーツ。



IMG_0007_convert_20151006134554.jpg



1番線から7時50分発。
なんだけど・・・1時間近く遅れて出発。。








駅の近くには大きな市場があり、線路の向こうは民家。
列車も滅多に入ってこないので、みんな自由に線路を横断してた。




IMG_0009_convert_20151006140121.jpg




客車はこんな。




IMG_0012_convert_20151006123713.jpg



窓全開と扇風機のみ。
思ったほど暑くはなく、風が通るのでなかなか気持ちよかった。
少なくともカンチャナブリー駅までは。。




あのアイス屋さん ♩
ベトナムの自転車バイク?とはちがって豪華 サイドカー付き。笑
帽子みたいでカワイイ・・・



IMG_0028_convert_20151006123741.jpg



列車に揺られること約2時間半。
途中駅のカンチャナブリー駅に到着。

カンチャナブリー駅~タムクラセー駅がこの鉄道の見どころなので
ツアーバスでやってくる人は、この間だけ列車に乗り、帰りはバスにのってバンコクまで帰る。


よりによってここから修学旅行生?がわんさか乗ってきてすし詰め状態・・・
車内の温度が急上昇!

あちいし・・・
かろうじて、窓側の夫だけ楽しんでたけど、私何も見えないし。笑



@クエ-川鉄橋


IMG_0015_convert_20151006140921.jpg






IMG_0019_convert_20151006140942.jpg



この先が アルヒル桟道の木橋



IMG_0032_convert_20151006140852.jpg


断崖にへばりつく様に作られた木製の橋の下には川が流れる。


IMG_0049_convert_20151006143709.jpg


この先の駅で下車し、列車が来ない間はこの木製の橋を渡ることができるけど
高い所が苦手な私はムリ。遠くから眺めるのみ。



IMG_0050_convert_20151006123935.jpg




@ タムクラセー橋駅

私たちはここで折り返しの列車がくるまで約1時間、昼休憩。



IMG_0036_convert_20151006123810.jpg




折り返しの列車にのり、また4時間かけてバンコクに戻り
帰りのタクシーには何度も乗車拒否され・・・笑
(アソークまでは遠すぎて まず乗せてくれない。。)

観光客丸出しでタクシーを止めてはフラれてるいる私たちを見かねて
夕涼みしていたおじいちゃんが手伝ってくれた。笑

今回の旅では、たびたびタイの人に親切にされた。


62.gif




この日の夜の出来事なんですが・・・

ホテルで電気を消さずに寝ていたら、ライトが消えたりついたり。
隣で夫はグーすか寝ていてスイッチを触っている様子もない・・・
またライト消える、つく。

なに?なに?
ポルターガイスト現象??


沢山の人が亡くなったところに観光なんて行ったばっかりに
何か連れて帰ったんじゃ??ってこの夜はビビってなかなか寝つけなかった。。笑

結局何だったのかはわからないけど・・・

夫の「電気の接触不良じゃない??」の一言でサラっと終了。
ぜんぜん相手にされなかった。笑




にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

  1.  ・Thailand
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<Cam on ☆ vietnam | top | Bangkok>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiroiumi1125.blog.fc2.com/tb.php/1052-f2c72cce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。